SDGs
持続可能な開発目標

SDGs(Sustainable
Development Goals)
への
取り組み

2015年に国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)は、
より良い未来を実現するために17の目標を定め、2030年までに達成を目指す取り組みです。
「人と世の幸せに役立つ事業」を経営理念に掲げるテンワスでは、
SDGsが目指す「持続可能な社会の実現」に向けて、
以下のように事業活動に取り組んでまいります。

  • 企業として持続的に成長し続けていくことで、経営理念の永続的な実現を目指します。
  • 不動産賃貸デベロッパーとして耐震レベルの高い「安心・安全なビル」をつくることで、都心強靭化計画の一翼を担います。
  • 激甚化する災害や環境問題など社会の課題と向き合い、時代の変化に柔軟に適合し、安定的・継続的な成長を目指します。
  • 地域コミュニティの活動にその一員として積極的に取り組み、地域の活性化や魅力的な街づくりに貢献します。
  • 経営理念を実現していく担い手となり、社会や地域の発展に貢献する人材を育成します。

取り組み事例

  • 地震に強いビルづくり

    住み続けられるまちづくりを

    事業の主軸である開発事業では、地震に強いビルづくりに取り組んでいます。今後30年以内に首都直下型地震や南海トラフ地震が発生する可能性が約70%といわれているなか、わたしたちにできることは、首都圏の強靭化に貢献し、有事の際も安心・安全に過ごせる環境を作ることです。そのために、当社の開発するビルは耐震強度1.25倍の基準(病院や学校といった避難所となるような建物と同等の耐震性)となっています。

    地震に強いビルづくり
  • 太陽光発電事業

    エネルギーをみんなに そしてクリーンに 陸の豊かさも守ろう

    このプロジェクトは、福島県で運営されていたゴルフ場の跡地120ha(120万㎡)の活用についてゴルフ場運営会社より当社に協力要請があったことでスタートしました。
    地域に愛されていたゴルフ場を、新しい形で地域貢献に活用する方法について検討した結果、当社の「テンワスソーラー浅川発電所」と台湾の上場企業が運営する「福島県太陽光発電所」を併せた全体で、一般家庭5,000世帯分の年間消費量に相当する電力の供給を実現しました。
    太陽光発電所を始めとする再生可能エネルギーの利用促進は、二酸化炭素の削減やエネルギー供給源の多様化につながります。当社はこのような事業活動を通して、わが国の環境問題対策や、持続可能性社会を実現するための一助となるように努めています。(現在は再生可能エネルギー専門のファンドに事業を譲渡しています)

    太陽光発電事業
  • 夢の奨学金

    貧困をなくそう 全ての人に健康と福祉を 質の高い教育をみんなに 人や国の不平等をなくそう

    2016年4月に日本財団が設立したプロジェクトに参画しています。社会的養護の下で生活をしている学生は、学費や生活費のためにアルバイトに追われ、学業に励みたくてもリタイアせざるを得ないケースが少なくありません。そうした学生たちが夢を叶えるために学業に集中し、しっかりと卒業できるように、応援の意味を込めてこちらのプロジェクトを支援しています。

    夢の奨学金1 夢の奨学金2
  • チャリティー自動販売機の設置

    貧困をなくそう 全ての人に健康と福祉を 質の高い教育をみんなに 人や国の不平等をなくそう 住み続けられるまちづくりを

    2019年より、当社の保有物件(渋谷区神宮前、港区西新橋、北区田端の3ヵ所)に設置している自動販売機では、1本の売上につき10円の寄付を行っています。日本財団を通して寄付をする候補先はいくつかありますが、当社では設置している3台のうち1台は災害復興支援のためのプロジェクトに寄付し、残りの2台は夢の奨学金制度へ寄付しています。

    チャリティー自動販売機の設置
働き方改革の推進
ジェンダー平等を実現しよう 働きがいも経済成長も 人や国の不平等をなくそう
福祉事業所ショコラボからの商品購入
働きがいも経済成長も 人や国の不平等をなくそう
千葉マラソン
貧困をなくそう 全ての人に健康と福祉を
災害用トイレの設置
住み続けられるまちづくりを
地域との共生
(地域貢献、
コミュニティの活性化)
陸の豊かさも守ろう パートナーシップで目標を達成しよう
反社会勢力の排除
平和と公正をすべての人に