新型コロナウイルス対策研修会に参加させていただきました!

10月28日(水)に新宿区役所で行われた新型コロナウイルス対策研修会に参加させていただきました。

講師に国立感染症研究所の砂川富正氏を招いて行われました。砂川氏は、国立感染症研究所の室長として勤務を行いながら、感染症の専門家として厚生労働省における活動、全国自治体で発生しているクラスター対策への助言・支援を実施し、新型コロナウイルス感染症対策に従事しております。2020年8月21日より新宿区新型コロナウイルス感染症対策アドバイザーにも就任されています。

講義内容としては、「繁華街から先頭に立って地域を守る!」のテーマのもと、これまでの新型コロナウイルスについて体系的にわかりやすく教えていただきました。

繁華街はウイルスの影響を受けやすい現状にある中、感染経路の対策を行う他ありません。マスク着用が1番有功で、一般的に2m(最低1.5m)距離をとれば飛沫しないとされているそうです。また対面時両者がマスクを着用していた場合、感染率は8割程度軽減されるとも仰られていました。

新宿は日本一の繁華街を誇るゆえに報道などでは注視されてしまっておりますが、街一丸となって「安心・安全な歌舞伎町」を目指していきます。私たちも微力ではありますが、新宿を愛する一員として街に貢献していきます。

主催である歌舞伎町商店街振興組合から参加者にマスクを配布していただきました。

長引くコロナに感染対策疲れも出てくる頃だと思いますが、気持ちを引き締めて体調管理・感染対策を行っていきましょう!

一覧に戻る